グルメもどきの日記

主に自分の記録、ついでに知見の共有。日本語片言で困るの。にゃは!

Dr中松と青山繁晴、こいつらがテレビでもてはやされる時代、さよなら、日本!

ドクター(博士とはいってない)中松、テレビで30億円豪邸を公開!

だって、テレビ見ないから知らんけど、どうせ胡散臭い内容だとおもっったら、、

案の定、、、

大体下馬の土地なんてたかが知れてるし、、30億なら松濤とかにしろ!

上モノも大したことない、、しかも、そのうち20億がトイレだってさ!

トイレ、どう考えても、1億もしないんじゃないか、、

この自称発明王、全てに渡って

 

しかない、、

フロッピーディスクを発明した(IBMが訴訟リスクを抑えるために、世界中の似たような特許を買い取って、そのなかに中松のがあった、のは事実らしい)

こうやってテレビで知名度を上げて

講演会で180万円ゲットおおおおお!!!!

「自動パチンコで特許で数百億円ゲット!」

っって本人ほざいてるけど、、、

あるぜ以下、ケチ、他人に利益を一円でも上げたくない、というケチ業界

(警察関係者は身内)

電動パチンコの特許なんて、切れてから普及したから、、

残念!

大体、電動パチンコの特許が個人が持ってる、なんて聞いたことないな、、、

パチンコの特許なんて、本体絡みは、金を得るためのものじゃなくて、

クロスライセンスで異業種参入を拒むためのものだったからね、

あんなヤクザ業界が大金個人に渡すか、、、

だいたい、本人の

「自動パチンコ」

というセリフがすべてを物語っている

「電動パチンコの特許持ってる」

といったら、詐欺、詐称に当たるからね!

だって、マジ、持ってないもん!

 

 

※内容は一部変更する場合がございます。

日 時 7月18日(土) 17:30~19:20(受付17:00~)
※質疑応答含む
定 員 先着600名様(自由席)
※定員になり次第終了となります。
参加費 ≪特別料金≫ 3,000円 
※事前申込の上、振込、もしくは当日受付にてお支払下さい。
★7/18の「世界を救う知恵と夢の技術」講演会にご参加された方は、特別御招待とさせて頂きます。
会 場 ベルサール飯田橋ファースト」
東京都文京区後楽2-6-1住友不動産飯田橋ファーストタワーB1
主 催 ヒカルランドパーク/健康まなび家

ちな、主催者の売ってるもの

大麻八芒星敷床

39,800

残り:

活性光線と八芒星&陰陽エネルギーがあふれる!! 神秘の植物《大麻》&オーガニックコットンで眠る 最高のぜいたく おお あさ はち ぼう せい しき どこ 大麻八芒星敷床 四層のキルティング構造から放たれる 浄化とパワー充填のエネルギー 一日の三分の一以上を...

 

どうでもいいや、、、

 

どうでもいいや、とおもったけど、、、

日本クラブまで騙されてるよ、、

経歴は、、、、

「何も裏を取らず、本人の言いなりをそのまま掲載、、、」

ここでいくら売り上げたのかな、、、一人5千円弱で、、、

100人で50万、、、、その後、、、色々人脈出来るし、、

もしかして、、アパのオーナーとか、DHCの関連とか、

ここの講演会で知り合った人脈絡みでつながった???

ほんとっどうでもいいや、、、

 

あと、さかなクンも講演会で100万、200万ゲットしてるらしいよ!

そりゃ大学教授なんてアホらしくてやってらんないよね!

あの、キョドった、うざい魚語、金はらって聞きに行きたいやつがいるのが、、、

人それぞれか、、、、

 

 

 日本クラブは昨年に引き続き、国際創造学者、工学・法学・医学・科学・人文学博士で、エジソンを抜き、世界第一位の発明件数を誇る“発明家”として知られ、今回はニューヨークに「ドクター・中松博物館」特別イベントのために来米する、サー中松博士(ドクター・中松)を招き、講演会「私は死んでる暇がない 〜 I have no time to be dead 〜」を開催致します。
 
中松博士は、2014年に、治療法のない「導管がん」で余命二年と医師より宣告を受けました。しかし、博士は、治療法を発明するチャンスを与えられたことを天に感謝するとし、「がん等病気撲滅の発明DNT
ドクター・中松セラピー)1〜10」の発明を余命を迎える一週間前に完成。心を鼓舞する歌・本・飲み物・食べもの、がん撲滅ロボット「がんがんロボット」など10の方法の効果を、現在自らの身体で検証しています。この過程については、7月に発売された博士の新著「私は死んでる暇がない 」でも紹介されています。
 
また、博士の、あえて困難な道を選ぶ「撰難楽の精神」、「突飛に見えつつ社会的メッセージを秘めた痛快な発明」がアメリカの若手アーティスト、クリエイターにより賞賛され、アメリカ人の手によってドクター・中松博物館がニューヨークにオープンされました。
 
本講演会では、博士の近年の活動を中心に、様々なお話しを伺う予定です。また、イベントの最後には、質疑応答の時間もございます。この貴重な機会に是非お越し下さい。
 
サー中松博士(ドクター・中松)プロフィール
1928年(昭和3)東京都生まれ。工学博士・法学博士・医学博士・理学博士・人文学博士。五歳の最初の発明から、これまでの発明件数はソーラーパネルオスプレイ、ドローン、フロッピーディスク等、3500を超える。東京帝国大学第一工学部卒業後、三井物産入社。ヘリコプターによる「ダスター」、「空中架線装置」などを発明。29歳で独立後はハーバード大学、MIT、コロンビア大学ウォルトンスクール(トランプは教え子)、東京大学など多くの大学で講義。「全米科学アカデミー」から「歴史上の偉大な五人の科学者」に認定される。日米和平交渉の日本代表者遺言により選挙に出馬。2005年(平成17)年、知的ユーモアを持ち、本物の科学研究に贈られるハーバード大学イグ・ノーベル賞(栄養学賞:自身の食事を34年間撮影し続け、人体への影響を分析)を受賞。2014年(平成26)に治療法のない導管がんが発見され、自ら10の治療法を発明。NHKが2年間密着取材で特別放送。
 
開催日:2016年9月26日 (月)
時間:12:30-1:45pm (開場 11:45am)
(受付、お食事:11:45am-12:30pm / 講演:12:30-1:30pm / 質疑応答:1:30-1:45pm)
場所:日本クラブ 145 West 57th street, New York, NY 10019
参加費: 一般 50 ドル / 日本クラブ会員40ドル
(弁当代を含む)
お申込み、お問い合わせ:
日本クラブ(担当 内藤 Tel: 212-581-2223 E-mail:

 

 

 

ついでに青山繁晴、、、

 

テレビで野党の誰かと共演してた、、ホント、姑息なやつだった、、

今日のやり方は

(一緒に出た、隣りに座る野党の共演者に対して)

「関係者から100万円もらってる、僕は報告書調べた」

というお話。

報告書を調べた、とか言ってるが、かなり前にニュースでその話は出てた。

いつもの

「僕だけが知っている、

僕は特別、

関係者のxxからきいた、

これは名前言えないけど」

こうやって、自分を演出するのが得意な男、

俺も以前は騙された、好意をもっていた、、反省、、、

それを言うなら、お前は

共同通信、クビになったの、お前がお金ポケットに入れてたからだろ!」

「政府から調査名目で多額の金が出てる、どうでもいい調査で、

今までいくらもらってたか、

テレビで言えないだろ!」

「青山博士=妻、深海の資源なんて、100年経ったって、コストが見合わない、

そんなもんに補助金出させるお前のやり口ったら、、、テレビで有用性を強調、

騙された信者が、なぜ補助金出さない、と横やり、、、」

お前も野党の糞野郎と一緒なんだよ、、、