グルメもどきの日記

主に自分の記録、ついでに知見の共有。日本語片言で困るの。にゃは!

APAがコケると不動産価格が暴落する説、ババが告ると素子さんがまずいコーヒーを淹れる、、「あ、今日も素子さんのコーヒーがまずかった」bykawada!爆!

典型的な中小企業オーナー=

成功して老害になると、やたらマスコミに出たり、芸能人と付き合い、

自分の伝記を出版し、挙句、自分の店、支社の入り口に見本を置き、

売り出す。で、ひどい場合、その内容が

「従業員は所詮他人、信用するな」

だったりするよね、xのxx、オーナー!

 

で、我らが、APA、本谷オーナー

ホテルに、自分の伝記、漫画、自分の政治思想の本

を聖書代わりに設置、

売りは女社長のでかい顔、

挙句、最近、その右翼的経営がバレて、絶賛セール中。

お陰でやすう泊らせてもろて、おおきにな!

 

で、そのAPA、かつてホテル事業で曲がり角が二度ほどあった。

 

一度は87年のブラックマンデー

これは自分としては当時流行ったコンピューター売買のせいだと思うんだけど、

本谷オーナー、ユダヤ人の友達から

「株は高すぎ、さがるで、ほんま。あと前から言ってるけど、日本の土地、値段がおかしい、利回りが低すぎる。」

というアドバイスから、日本の土地も下がる、と売却を決断。

まだ土地が上がってるときから売り払い、周囲から

「バカ」

扱い、得られる利益を逃し、大損こいた、と思われたが、、、

バブル崩壊で利益確保、海外航空機リースの節税で大幅な利益確保。

二度目は耐震偽装

ま、APAが悪いというより、APAが使ってた建築会社が悪かったのかもしれんが、

とりあえず、マスゴミからしこたま叩かれ、潰れかけ。

銀行が資金引き上げるって話で、覚悟決めたオーナー、

「売れる土地はみんな売って、撤退」

すると、、、、リーマンショック

片っ端から不動産関係、潰れる、、、10年ぶり2度め!???_

で、APAは売りまくって作った手元資金&銀行の逆掌返しで

「不動産買いあさり」

でさらなる成功を手に入れて、、、、

 

あれから、ちょうど10年、歴史は繰り返す、、、

このままインフレがおきないければ、都心の土地の利回りは低いまま。

そして、

APAがどうやら苦しいようだ、客が入っていないかも???

(ちょと言いすぎた、正確には、、中国人がいない、、、え、、いxことだ?)

APAがxxの土地を手放すらしい、、

という噂が流れ始めたら、暴落のサインかも知れない、、、

とりあえず今まで、本谷オーナーは

”もっている”男

もう一回同じパターンで成功してもおかしくない。

人口動態から郊外の土地の暴落は必死だが

(移民が来ても、田舎にはすまない

仕事がないところには、ジジババしか住みようがない、、

ネット企業も田舎じゃ、無理、以前のつくばのようにノイローゼ多発しかねない)

都心も海外情勢、中国、朝鮮半島、テロ連発、戦争、伝染病、そのた

一時的にホテル&不動産投資にマイナスになる要素はたんまりある。

今度の不景気はダラダラしそう、、、、

不動産投資は10年スパンで考えたほうがいい、、

それか、もうずっと賃貸??

先が読めない時代、だからこそ、先が読めるやつが成功する、、、。

 

アパの業績が知りたい、、、、。