グルメもどきの日記

主に自分の記録、ついでに知見の共有。日本語片言で困るの。にゃは!

大阪 串かつ ひょうたん 「ここはどこのお通夜会場かな、、、」

大阪、なぜか行くたびに体調が悪くなって一度も満足に味わえない。

今回も、、、

「ゲームのイベント期間で寝不足で、、」

って、われ、一体いくつじゃ、、ま、ニートだからいいか。

知らんけど。

 

で、本日は難波にある、串かつの迷店、

ひょうたん

にお邪魔してます。

 

驚いたのは、、

店員が、、、お通夜。

きっと、前日に慕われていた店長がお亡くなりになり、その悲しみのなか

営業してるのでしょう。

入りたくなかったけど、あまりにお腹空いていたので

「とりあえず小腹満たそう」

という安易な考えで入店。

カウンターで店員の肉さばき見ながら待つと

かなり待って

注文の品、登場。

うまい、、、

(そりゃ、腹減ってるし、疲れ切ってるし、当然だ!)

で、色々頼みます。

頼んだジュース空になり、ジュージュー音を立てて飲み干します。

何度も。

それでも、、、お水の提供はありません。

さすが大阪、商売の街、お金にならないお水は意地でもだしません。

で、メニュー見るとそのたびに店員が駆け寄り、

注文を促します。

サービスはしません。

店内はお通夜です。

笑顔もありません。

あるのは、ひたすら、注文を取って売上をあげようという、商売根性です。

そして、味はいいものの、大阪とは思えない観光地価格。

ちょっと串揚げ頼んでご飯食べて、、、

4千円です。

お酒、飲めません。

串揚げで4千円、、、、お一人で、、どんなに私がお腹空いていたのか、

食いしん坊だったか、、違う、、、串揚げはやっぱ新世界やね、。

夜、当頓堀歩いていると、、、

「ここは上海ですか、北京ですか、無錫ですか」

ほぼ歩いてるのは、、、中国人。

難波、道頓堀、心斎橋、、関空からちょくで来れる大阪はみんな

中国の植民地、領土と化していた、、。

今次は新幹線でこよ。

 

追記

つうかさ、まじであの女店員、しごとかえろよ。

笑顔なし、小声で何行ってるかわからない、なのに、

メニュー見るとすかさず注文取りに来る、ウザさ、、、

今からパソコン習って

SEにでもなれ、

デスマーチで修行しろ。

まだ、みずほ関連募集あるかもしれんぞ。

知らんけど。